1: 財テクしたい人 2017/09/28(木) 11:34:26.99 ID:CAP_USER
    「これだけの石油の高値は2年以上なかった。」南ドイツ新聞の経済評論員、ヤニス・ベエネン氏がこう書いたのも無理もない。
    26日、ブレント原油価格はとうとう1バレル59ドル31セントを上回ったからだ。


    ベエネン氏は1バレル30ドルを切る歴史的な最低価格を記録したのは、わずか1年10カ月前の2016年初頭だったことを指摘している。
    原油価格のこれだけの高騰の裏にベエネン氏は、25日、イラク北部で行われたクルド人自治区の独立を問う住民投票があったと睨んでいる。
    現在の集計では投票者の90%がクルド人自治区の独立を支持。トルコのエルドアン大統領はクルド人の国家樹立に断固として反対しており、
    軍事介入まで振りかざした。これが石油市場に影響しないはずはなく、クルド人から石油輸出に関わるブローカーらは戦々恐々としている。


    「トルコが脅しでなく本当に戦争を仕掛けたら、欧州向けの石油供給への影響は回避できない結果として、
    トルコ経由の輸入ルートは、これが最重要のものではなくとも、切断されてしまうだろう。」


    先の報道によると、ブレント原油は今年3月1日以来初めて1バレル57ドル台を上回った。


    スプートニク日本
    https://jp.sputniknews.com/business/201709274129331/

    引用元: ・【経済】国際原油価格が最高値 どうしてこれにクルド人が関係するのか?

    【【経済】国際原油価格が最高値 どうしてこれにクルド人が関係するのか?】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/09/26(火) 10:14:33.11 ID:CAP_USER
    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は、ユーロ圏のマネーをコントロールするECBの能力に対して仮想通貨ビットコインが挑戦を突きつける可能性を一蹴した。

    オランダ出身の欧州証券市場監督局(ESMA)のスティーブン・マイヨール局長とLCHクリアネットのレックス・フーグダイン会長とパネル討議に出席した同副総裁は、17世紀に発生したチューリップバブルを引き合いに出し、「私は2人のオランダ人に囲まれており、従ってビットコインはチューリップのようなものだと言える。数日間で40%、50%上げ下げするものに賭けたい人のための投機手段だが、通貨でないことは確実だ。中央銀行や金融政策への脅威になるとは見ていないことは確かだ」と述べた。
     
    ビットコインは今年、752ドルから4921ドルの間で推移し、コンスタンシオ副総裁がフランクフルトで欧州システミックリスク理事会(ESRB)の会議で話した22日には3600ドル近辺で取引されていた
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-24/OWSY5F6KLVR401

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコインは通貨ではない、チューリップだ-ECB副総裁

    【【仮想通貨】ビットコインは通貨ではない、チューリップだ-ECB副総裁】の続きを読む

    このページのトップヘ