2016年03月

    • カテゴリ:
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/22(火) 18:10:03.406 ID:Y4ppxzhX0.net
    やめたほうがいい?

    引用元: ・株で儲かる人の割合ってどんなもんなの?

    【【投資】株で儲かる人の割合は?【勝率】】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/28(月) 12:32:36.39 ID:CAP_USER.net
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0251645.html

    三菱東京UFJ銀行は28日、経営再建中のシャープに対する新たな融資枠の設定を決めた。
    みずほ銀行も近く設定する見通しで、両行は共同で計3千億円の融資枠を設ける。
     台湾・鴻海精密工業がシャープに出資する条件として新規の融資枠を求めていた。シャープは鴻海からの出資を
    、当初予定の4890億円から1千億円程度減額した上で受け入れる方針を固めている。
     シャープと鴻海が30日にそれぞれ開く取締役会で正式に決まれば、シャープの再建は新たなステージに入る。
     三菱UFJは融資枠の設定に加え、保有する優先株の買い取りをめぐる条件変更や既存融資の金利引き下げを受け入れる。

    引用元: ・【金融】シャープに3000億円の融資枠設定 三菱UFJとみずほ

    【【金融】シャープに3000億円の融資枠設定 三菱UFJとみずほ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/25(金) 12:03:27.09 ID:CAP_USER.net
    http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_108620

    官民ファンドの産業革新機構の関係者は、WBSの取材に対し、台湾の鴻海精密工業による
    シャープ買収が破談になった場合、再建を引き受ける意向があることを明らかにしました。
    元々、革新機構は将来負債の恐れがある偶発債務の3,500億円を織り込み、シャープに対して3,000億円出資を提案していたといいます。
    また再建を引き受けることになれば、白物家電や太陽電池、複写機事業の再編を検討しているということです。

    引用元: ・【企業】シャープ支援、革新機構なお意欲

    【【企業】シャープ支援、革新機構なお意欲】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/26(土) 09:10:01.05 ID:CAP_USER.net
    http://www.sankei.com/west/news/160326/wst1603260020-n1.html

    台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業と同社の傘下に入ることを決めていたシャープが、
    出資額を当初予定よりも1千億円減額し3890億円とする方針を固めたことが25日、分かった。
    両社は30日にそれぞれ臨時取締役会を開いて機関決定を行い、31日に契約書に調印する
    。シャープの財務リスクで延期されていた契約締結は、1カ月あまりの曲折を経て実現する見通しとなった。

     鴻海は、シャープの財務が将来的に傷む可能性を懸念し、出資額の引き下げを迫っていた。
    シャープが鴻海を引受先として実施する第三者割当増資で発行する新株は、当初予定の1株118円から同80円台に引き下げる。

     鴻海は、契約と同時にシャープに預ける1千億円の保証金を予定通り支払う。
    また、主力取引銀行のみずほ銀、三菱東京UFJ銀が保有しているシャープの優先株のうち1千億円分の買い取りにも応じる。

     主力2行は、今月末に返済期限を迎えるシャープへの融資5100億円の借り換えに応じ、
    3年未満だった融資期間を7年超に長期化し金利も引き下げる。

     さらに、3千億円の新たな融資枠を設定し、シャープの資金繰りの安定を図る。

     シャープと鴻海は、3千億円規模とされたシャープの潜在的な債務(偶発債務)が発端となり、契約を延期。
    鴻海は一時、出資額について最大2千億円減額を求めたほか、保証金の支払いを拒否する姿勢も示していた。

    引用元: ・【企業】シャープと鴻海、31日「ゴールイン」へ 出資は1千億円減

    【【企業】シャープと鴻海、31日「ゴールイン」へ 出資は1千億円減】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/25(金) 19:50:33.57 ID:CAP_USER.net
    http://www.toushin-1.jp/newskaisetsu/moneylifehack/kabu-moukeru-shikaku/
    案1:証券アナリスト
    まずはこれでしょうか。不動産に関する資格は不動産鑑定士や宅建などいくつかあるのですが、株式投資に関する資格って驚くほど少ないんですよね。
    実質、証券アナリストくらいしか無いと言っても過言ではないでしょう。証券外務員も目的が違いますし、ファイナンシャルプランナー(FP)も株に関する知識自体がほとんど入っていません。
    試験はわりと難しいのですが、金融機関に勤めて資産運用系に配属されていれば、必修に近い資格です。初心者が学習を通じて、
    ファイナンスの基礎とか、企業価値評価の基礎とか、株に関する用語が一通り学べるという感じでしょうかね。業界の、共通言語を学ぶための資格、というふうに私は理解しています。
    とりあえず取っておくと、「経済記事を読んだが、意味がさっぱりわからない」ということはかなり減るでしょう。まあテキストくらいは、買って読んでみる価値はあるでしょう。これを取ったからと言って、すぐに株で儲けられるようになるかというとそんなことはありませんが。

    案2:日商簿記2級
    あとは日商簿記ですかね。1級は難しくて私も挫折しましたし、3級は簡単すぎて受ける意味すらほとんど無いので、2級がお勧めです。
    独学でも2?3か月くらいきちんと勉強すれば、受かる人が多いんじゃないですかね。経理の基本的な知識(実務とは違います)が身に付く資格です。
    これを理解しておくと何が良いかというと、企業が発表している財務諸表が読めるんですよね。ニュースを見ていても、損益計算書と貸借対照表
    が頭に浮かぶので、「あれ、今のおかしいな」とわかるようになります。インチキ経営者が使う数字のマジックには、引っ掛かりにくくなります。
    ファンダメンタル分析といって、個別の企業の業績を分析すれば株価の割高・割安がわかる、ということにも一応なっています。
    金融機関による審査も財務諸表を分析するのですが、まあ一般の方が、公表されている資料だけで適性株価や企業の倒産の予兆まで見抜けるかと言えば、そこまでは難しいと思います。
    それでも、簿記の知識はあるに越したことはありません。社会人としても、身につけておくべき技能だと思いますから、株式投資とは関係無く、勉強することを推奨します。

    案3:日経TEST、英検・TOEIC・TOEFL
    これらは、日経新聞を良く読むとか、英語を勉強して海外の媒体から情報を得られるようにするという間接的な意味です。
    まあいずれも、文字を読めば良いだけなので資格は関係ありません。ただ何かを勉強する際に、どうしてもとっかかりが必要という人は、これらの試験をペースメーカーに使っても良いのではないでしょうか。


    本質的な回答
    結論を言うと、株式投資でお金を儲けよう、利益をあげようと思うなら、直接的に有効な資格はありません。日々の世の中の動きに目を光らせて、
    時代の半歩先・3手先を読む。伸びる産業は何か、面白そうな会社はどこか、ビジョナリーな経営者は誰か、注目を浴びていない中から掘り起こす、予想することでしょう。
    勉強するならば資格にこだわらず、例えば心理学を勉強する方が良いでしょう。個人的にはセミナーに出たり、チャートやデイトレの技術を学ぶより
    「なぜ人は損切りできないか」「なぜ暴落した株を買えないか」を理解した方が有益だと思います。損切り等の投資戦略や分散投資の理論も、知っている方が良いですかね。

    もっと言ってしまうと、「株で儲けよう」なんて思わない方が良いです。世の中のことをもっと良く知りたいし、この先何が起こるかわからないから、
    リスクヘッジの手段として株のことも知っておきたい、というスタンスが正解だと思います。実際、預金に全資産を置いておくよりは、株もやっておく方が安全だと思います。
    株式市場は、高度に競争的なマーケットです。真っ赤なレッドオーシャンです。長期投資であれ短期のサヤ取りであれ、それで儲けようと思っている
    投資家は海外勢やプロも含めて大勢います。自分だけが彼らの気付かない「真実」に気付けるなんて、思い上がりですよ。まあ、20歳の時は私もそう思っていましたけど。
    というわけで、結論。株で儲けるための資格は無いし、そもそも株で儲けようという発想が大いなる思い上がりである。完全に身も蓋もない感じになりましたが、間違ったことは言ってません(きっぱり)。

    引用元: ・【投資】株で儲けるために取るべき資格はどれ?

    【【投資】株で儲けるために取るべき資格はどれ?】の続きを読む

    このページのトップヘ