2016年04月

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 12:12:59.48 ID:dB013lDb0.net
    no title
    21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 12:15:20.56 ID:1+usJRAfp.net
    なにがあったんや

    231: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 12:26:32.57 ID:WdKzuPJ2d.net
    まあこれのせいやな 
    日銀 大規模な金融緩和策を維持 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160428/k10010501891000.html

    946: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 13:00:49.31 ID:yVJVP4EL0.net
    よくわからない奴のために簡単に説明するぞ 

    国民「日銀が市場に日本円バラ撒くだろうから円の価値が下がるぞ~(円安になるぞ~)」 
    日銀「今のままね。追加でバラ撒くとかしないからね」 
    国民「ファーーwwww期待して損した」

    958: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 13:01:26.50 ID:mdzerY/S0.net
    >>946 
    国民じゃなくて海外HFなんだよなあ
     
    982: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 13:02:25.83 ID:Uv90IvkB0.net
    ブルームバーグ日高「銀行への貸出金利もマイナスになるぞ」 
    投資家「これマジ?追加緩和やんけ!株買いまくったろ!」 
    日銀「ないぞ」 
    投資家「ギャアアアアアアアアアアアア」 
    ブルームバーグ日高「やったぜ」 


    しかも日高は過去にも似たようなことやらかした超悪いもの

    引用元: ・【悲報】円、逝くwwwwwwwwwwww

    【【悲報】円、逝くwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/27(水) 16:30:56.83 ID:CAP_USER.net
    http://top.tsite.jp/news/buzz/o/28597666/?sc_int=tcore_news_recent


    財務省が作った、「財務大臣になって財政改革をし、2020年までに日本を黒字化するゲーム」が公開された。
    あくまでゲームのため実際の内容とは異なる部分があるらしいが、国の収支を健全化させるためにはどうすればいいのかきっと目安になるはず!

    ■実際に体験してみた
    よーしパパ財務大臣になって、お国のためにがんばるぞい! と意気込み、ゲームスタート! 
    まずはコストを削減しても日本国民に影響がなさそうな「経済協力」からコストダウンを図る。
    「途上国に援助を行うのは、経済大国としての義務だよ」とか言っているバカチンがいるが、まずは日本国民を救うのが優先である。
    支援額を30%カットすることにした。
    ■大赤字になってしまった
    次はどこを削ろうか…と思って探すも、削ったら国民の負担が上がりまくったり国防がヤバくなるところしかねえええええっ! 
    というどうしようもない状態に。
    仕方がないのでなるべく税金を上げなかったり防衛費も維持したりしていると…なんと40兆円も赤字を出すという結果に(苦笑)。
    しかも日本終了な感じのイラストまで表示され、今世紀最大のクソ財務大臣になってしまった。ちょっと優しすぎたのだろうか…?

    ■心を鬼にしてみた
    く、くそおおおおっ! これは日本国民として、絶対に黒字化させねばならない! 心を鬼にして、次は国民に鞭打つ政策をしまくって
    黒字化させてみることにした。
    まずは社会保障の予算-30%! 国民が老後に病気になったり生活苦で死にそうになっても知らん! 日本は自己責任社会なのだ!
    お次は税制改革! いまよりも30%税収が増えるよう、国民から搾取しまくるぞい! ケツの毛までむしりとってやるのじゃ!
    ■大増税したら黒字に
    そんな感じで超増税と社会保障予算をカットすると、なんとそれだけで黒字化達成してしまったのだ。こ、こんなのアリ!?
    というか、その他の割合が少なすぎてこのふたつを実行しない限り、ほぼ黒字はムリなことに気づいた。これは財務省が
    「増税して社会保障予算減らさないと黒字になんねーから! お前ら一般国民の生活が多少苦しくなってもお国のために頑張ってくれよな!」
    …と、ゲームを通して言っているのか? と思ってしまうぐらい日本の未来に絶望してしまう、地獄のような結果であった。
    プロパガンダ的な部分も感じてしまった財務省のゲーム、気になる人はぜひやってみよう。


    参考リンク:財務省
    http://www.zaisei.mof.go.jp/game/yosansinario/

    引用元: ・【財政】財務省が作成した2020年までに日本を黒字化するゲームが公開

    【【財政】財務省が作成した2020年までに日本を黒字化するゲームが公開】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/25(月) 09:22:32.81 ID:CAP_USER.net
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-24/O5VD5Q6KLVR401
    足かけ5年以上に及ぶ指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れで、日本銀行は主要上場企業の株式に対する影響力を強めている。
    特に、異次元金融緩和以降の「爆買い」で累計保有額は推定8兆円を超え、日経平均株価を構成する9割の企業で実質的な大株主になった。
    4月会合で購入枠の増額が予想される中、官製相場による将来的な副作用を懸念する声も上がる。
      日銀によるETFの推定保有額からブルームバーグが試算(21日現在)したところ、指数採用225銘柄のうち約200社で日銀が保有率上位10位内に入る
    実質大株主となっている。これは、米国の大手資産運用会社のブラックロック、バンガード・グループよりも多い。ETFの買い入れが現在のペースで続いた場合、
    17年末には京セラや日清製粉グループ本社で事実上の筆頭株主になる見込みだ
     リーマン・ショックの後遺症が残る10年10月、1ドル=80円台へ円高が進む中で景気刺激、金融市場の安定化を図ろうと日銀はETFの買い入れを決めた。
    当初4500億円の年間購入枠は、黒田東彦総裁による13年4月の異次元緩和で1兆円に増額、翌年10月の追加緩和で3兆円まで膨らんだ。
    加えて、昨年12月には設備・人材投資に積極的な企業で構成するETFを年間3000億円購入する考えも示し、今月4日から新枠を使い1日12億円の買い入れを連日行っている。
      ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは、「日銀は安定株主で、業績が悪そうだからすぐに売るというものではない。
    また、株価が下がるときに買うため、企業を甘やかしていることになる」と指摘。資産買い入れ対象として国債はいずれ償還で自然消滅するが、
    「ETFは売るというボタンを押さなければならない。買えば市場全体の株価は上がるが、出口はどうするのかという話しだ」と、相場が内包するゆがみに懸念を示した。

    ETF保有額は8.6兆円、ミツミ電やテルモで「大株主化」
      日銀と投資信託協会の公開情報を基にしたブルームバーグの試算では、日銀が10年以降、ことし3月までに買い入れた
    ETFの累計額は時価ベースで8.6兆円。国内に上場する日本株ETF全体の55%に当たる。日経平均各銘柄のETFの保有割合から実質的な日銀の
    比率を算出、他の大株主と比較した結果、テルモやヤマハ、大和ハウス工業、住友不動産、三菱マテリアル、ミツミ電機では日銀が上位3位内に入った。
    中でも、ミツミの実質保有比率は約11%に達している。日経平均の構成ウエートトップのファーストリテイリングの場合は約9%だ。
      豪AMPキャピタル・インベスターズで資産配分責任者を務めるネーダー・ナエイミ氏は、「数を見れば、かなり多くを保有していると分かる。
    日銀は大きなヘッジファンドになりつつあり、ヘリコプターマネーとそれほど変わらない」とみている。
      日銀のETF買い入れは、株式需給面で日本株相場を下支えしてきた。原油安の悪影響や米国、中国景気の先行き懸念、為替の円高進行などが嫌気され、
    日経平均は1-3月に2000円超、率にして12%下落。この間、海外投資家は日本株現物を5兆円、ETFでは3000億円弱売り越した。
    1ー3月に日銀は6497億円のETFを買っており、少なくともETFでは海外勢の売りを吸収したことになる。
      テンプル大学日本校・アジア研究学科のディレクター、ジェフ・キングストン氏は「政府が背後にいて、政策が変わるまで株価下落を防ぐために
    何でもすることは投資家にとって良いニュースだ」としながらも、「悪いニュースは株価のバリュエーションがミスリーディングされ、信用できないことだ」と言う。黒
    田総裁は20日の衆院財務金融委員会で、ETFについて十分留意しながら購入を続けているとし、「株式市場で日銀のプレゼンスが大き過ぎることはない」との認識を示した。


    コーポレートガバナンス面で問題も
      日銀の事実上の大株主化は、皮肉にも安倍政権が企業に対し強化を促すコーポレートガバナンス(企業統治)の面で今後問題が表面化する恐れがある。
    会社役員育成機構のニコラス・ベネシュ代表理事は、株主議決権はETFの運用会社が保有するが、運用各社は「ETFの手数料は低く、
    株主代理権を行使するエンゲージメントや分析に時間を費やせない。株主代理権の行使による市場監視の役割が空洞化する」と警戒している。
    (続きはサイトで)

    引用元: ・【株式】ETF爆買いの果て、日銀が日経平均企業の9割で実質大株主に

    【【株式】ETF爆買いの果て、日銀が日経平均企業の9割で実質大株主に】の続きを読む

    このページのトップヘ