2016年04月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/17(日) 13:11:43.98 ID:CAP_USER.net
    http://president.jp/articles/-/17538?page=5

    ともにマネー本のベストセラーを持つ、元銀行支店長の菅井敏之氏とファイナンシャルプランナーの藤川太氏がお金を増やす秘法を語り尽くす。
    (中略)
    ■ヒゲの若者に社会的信用はあるか
    【菅井】本物のお金持ちは、「信用」を一番大事にしていますよ。財布、時計、背広、メガネ、カバン……。
    「自分に似合うか」「お洒落に見えるか」ではなく、「信用されるか」という視点で選んでいます。信用がないとお金も寄ってこないし、
    人も集まらないということを知っているんです。それは行動習慣についても言えること。無駄な消費をしない。人の悪口を言わない。
    自慢話をしない。矛盾したことをペラペラしゃべらない。

    【藤川】「オレは有名人のあの人もこの人も知ってるぞ」と虚勢を張らない、とかね。大事ですよ。人を不快にさせることは言わず、
    いい物を長く使って、身なりを整える。最近では、特に若い方でヒゲを生やす人が増えていますが、よくないと思いますよ。
    少なくとも、私の知っている「まともな高収入の人」の中にヒゲを生やしている人はいません。不動産収入がたんまりある
    資産家などは例外です。彼らはすでに資産があるから、社会的信用をあまり気にしなくていいのでしょう。
    そういう人の中には、ヒゲをボーボーに生やした「世捨て人」みたいな人もいっぱいいます。
    ですが、中東のようにヒゲを伸ばすことが社会的ステータスになっている場合を除いて、
    どこの大統領もヒゲを伸ばしてヨレヨレの服を着たりしませんよ。「一国の長」って、考えてみたら一番信用が大切な職業じゃないですか。
    これからお金持ちになりたい人は、大統領を見て、「信用」を意識して生活してほしいですね。

    【菅井】私もそう思います。人生には「資産形成期」と「資産運用期」があって、30代、40代は「資産形成期」にあたります。
    この時期は、銀行からお金を貸してもらったり、取引先に信用されたりしなきゃいけない。そんなときに、ヒゲを生やしてヨレヨレの格好をして、
    「私は真面目です。信用してください」って言ったって、それは無理な話ですよ。信用を獲得したいなら
    、まずは「清潔感」、そのあとで派手にならない程度の「高級感」を加えましょう。そうやって資産を形成して、
    資産を運用する段になったら何でも好きなことをしてください。

    【藤川】お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まる習性があります。だから、収入の面から見ても
    「信用」が一番大事。あと、お金は面倒見がいい人も大好きなので、収入に関係なく「甲斐甲斐しく世話をする人」はお金が貯まります。
    手取り300万円で年間150万円貯金している人なんかは、完全にこのタイプでしょうね。家計簿をつけて、財布の整理をしてください。
    今やれることを全部やって、まずはお金持ちになること。好きなことをするのは、そのあとでいいんです。

    引用元: ・ファイナンシャルプランナー「まともな高収入の人にヒゲを生やしている人は居ない。お金持ちになりたければ社会的信用意識して生活を」

    【ファイナンシャルプランナー「まともな高収入の人にヒゲを生やしている人は居ない。お金持ちになりたければ社会的信用意識して生活を」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/18(月) 12:56:00.07 ID:CAP_USER.net
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160418/k10010486401000.html

    18日の東京商品取引所は、17日に主要な産油国が原油の生産調整を巡り協議したものの、
    増産の凍結で合意に至らなかったことを受けて、取り引き開始直後から原油の先物価格が大きく値下がりしています。
    原油価格の低迷が続くなか、17日にサウジアラビアやロシアなど主要な産油国が生産調整を巡り協議しましたが
    増産の凍結で合意に至らず、ニューヨーク原油市場でも原油の先物価格が大幅に下落しました。
    これを受けて18日の東京商品取引所では、取り引き開始直後から原油の先物に売り注文が集まり、
    2400円以上下落したことから、取り引きの混乱を避けるため売買を一時的に中断する「サーキットブレーカー」
    という措置が発動されました。「サーキットブレーカー」の措置を取るのは、ことし2月18日以来2か月ぶりとなります。
    取り引きは5分後に再開され、取り引きの中心となることし9月もの先物価格は、先週末の終値より2000円以上安い、
    1キロリットル当たり2万6000円台で取り引きされています。
    市場関係者は「主要な産油国が原油の生産調整で、何らかの合意ができるのではという
    期待から原油価格はこのところ値上がりしていたが、今回合意に至らなかったことで市場には失望感も出ており、原油価格は不安定な動きが続きそうだ」と話しています。

    引用元: ・【石油】原油先物大幅下落、一時取引停止も 増産凍結見送りで

    【【石油】原油先物大幅下落、一時取引停止も 増産凍結見送りで】の続きを読む

    1: ハイキック(dion軍)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 20:43:41.40 ID:OBrP16/U0●?2BP(2000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    人気プリペイドカードは「nanacoカード」、ジャストシステム調べ

    ジャストシステムは「モバイルフレンドリー」に関する調査を実施し、その結果を発表した。
    プリペイドカードを、PASMOなどの「交通系」、Vプリカなどの「インターネット専用」、スターバックスカードなどの「特定商品系」、
    nanacoカードなどの「汎用的なリアル店舗系」、旅プリカなどの「旅行系」に分類。それぞれの利用率を調べたところ、
    「交通系」が最も利用率が高く(70.5%)、次いで「汎用的なリアル店舗系」となった。
    「汎用的なリアル店舗系」で利用率が高かったのは「nanacoカード」「WAONカード」「楽天Edy」。

    また、現在プリペイドカードを利用しておらず、利用を検討している人に最も人気が高いのも「nanacoカード」だった。
    一方、非利用者がプリペイドカードを利用しない理由としては「チャージをするのが面倒くさそう」(34.9%)という声が多く聞かれた。詳しい調査結果はこちら。
    http://www.work-master.net/201663429

    引用元: ・電子マネーで最強なのはnanacoじゃね?だって税金払えるじゃん

    【電子マネーで最強なのはnanacoじゃね?だって税金払えるじゃん】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/16(土) 09:45:03.80 ID:CAP_USER.net
    https://news.careerconnection.jp/?p=23006

    米国での最低賃金の引き上げが、たびたび話題になっていますが、なぜいまそのような取り組みが求められているのでしょうか。
    3月8日付けの米The Fiscal Timesに、マクロ経済学者のマーク・トーマ氏が寄稿しています。

    トーマ氏によれば、労働市場は経済学の教科書のようには動かないとのこと。労働者が自ら生産した
    製品相当の賃金を支払われ、インフレ率や生産性の変化に応じて賃金が上がるようなことは、現実からはほど遠いというのです。(文:夢野響子)

    生産性が向上したのに、賃金の引き上げが追いついていない
    米国では多くの場合、賃金は経営者と労働者個人との交渉で決められます。しかし両者間の交渉力が不均等な場合、
    労働者には、彼らが会社の製品に与えた付加価値に応じて賃金を支払われる保証はありません。
    例えば、企業にかかる費用が労働からのものだけと仮定して、ある特定期間の総売上が1万ドルだったとします。このうち労働者が貢献した額が8000ドルで、
    その金額すべてが労働者に支払われたとします。
    残された2000ドルは、事業主が会社に投資することへのリスクと、事業主の経営や管理能力に支払われます。
    この事業主への支払いが労働者の場合と同様に、企業が販売している商品やサービスの生産への事業主の貢献度を反映していれば理想的なのですが……。
    次に、労働者の生産性が上がり、同じ期間の総売上が1万2000ドルになったとしましょう。労働者の賃金はこの増加を反映して上昇するはずですが、
    現実にはここ数十年間そうなっていません。追加収入は労働者へ行く代わりに、事業主の懐に入っています。
    生産性が向上したとしても、労働者は効果的に交渉して利益のシェアをつかむことができず、これは不平等の上塗りになっています。

    引き上げは雇用の削減より「歪みを取り除く」方に働く
    これを変えるには、労働組合の力を取り戻すことが必要です。労組が強ければ、生産性が労働者の賃金に反映されます。
    しかし現実には政治家が法律制定時に、組合を弱体化させています。さらにグローバル化に伴う企業の海外移転の脅威が、組合の交渉力を脅かしています。
    労働者の交渉力を高めるもう一つの手立ては、最低賃金を引き上げることです。最低賃金が引き上げられると、企業には、
    会社に与える価値よりも少ない賃金で働くことをいとわない労働者と現労働者とを置き換える「脅しのオプション」がなくなります。

    米国全土で最低賃金が引き上げられれば、企業には米国内の別の場所に移転してより低い最低賃金を活用することもできなくなります。
    反対派からは「最低賃金の引き上げが雇用の削減につながるのでは?」という懸念もありますが、少なくともある程度までそれはなさそうです。
    労働者に支払われている賃金が彼らの会社への貢献度よりも低い場合には、最低賃金は歪みを作りだすことはありません。かえって、その歪みを取り除くのです。

    企業との賃金交渉力を上げる更なる手段が必要
    この数十年の間、労働者階級を悩ませてきた所得の停滞を解決するためには、最低賃金の値上げだけでは不十分であり、
    労働者と企業間の賃金交渉力にバランスを与える更なる手段が必要です。
    しかし最低賃金の引き上げは、確かに正しい方向への一歩ではある――。それが筆者のトーマ氏の結論であるようです。

    引用元: ・【労働】なぜ最低賃金の引き上げが必要なのか? 米経済学者が解説 「労働市場は経済の教科書のようには動かない」

    【【労働】なぜ最低賃金の引き上げが必要なのか? 米経済学者が解説 「労働市場は経済の教科書のようには動かない」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/16(土) 10:41:51.13 ID:CAP_USER.net
    http://biz-journal.jp/2016/04/post_14730.html

     独立系の自動車電装品メーカーのユーシンは、田邊耕二会長兼社長が赤字に転落しても14億円の報酬を得ていたとして有名になった。
     ユーシンは2010年と14年に社長を公募したが、田邊氏の御眼鏡にかなう人物がいなかったようで、
    断念して16年2月から3人の役員による集団経営体制に移行することになった。田邊氏は会長兼社長にとどまっている。
     2月22日付日経産業新聞が田邊氏へのインタビュー記事を掲載した。
    <私はもう82歳。10年先はないので、3年後をメドに次期社長を決めたい。85歳で引退したスズキの鈴木修・元社長が1つの目標だ。
    長く社長をしていると、独自の経営方法が根付くので辞めるのも大変になる。次期社長を決めないのは会社の業績が良いからだ。
    好調な時は能力がなくても経営はできる。経営が苦しくなったとき、どのような判断をするか見たい。ただ、社長探しに焦りはない>
     事実上の田邊氏の続投宣言である。ユーシンは田邊氏の父・善吉氏が1926年、スイッチ類の製造会社として立ち上げた。
    戦後、自動車部品メーカーに転じ、97年に東証1部上場を果たした。田邊氏は78年に社長に就き、06年に社長を辞めて顧問になったが、
    08年に社長に復帰。2011年から会長を兼務している。
    田邊会長兼社長が役員報酬の9割を独り占め

     ユーシンの15年11月期連結決算の売上高は前期比5%増の1642億円、営業利益は53%増の47億円、
    純利益は2.2億円の黒字(前期は4.3億円の赤字)に転換した。
     14年11月期に赤字に転落したのは田邊氏が巨額の役員報酬を得ていたからである。役員報酬は年齢を重ねるごとに増えている。
    【田邊氏の役員報酬額の推移】
    11年11月期 1億3600万円
    12年11月期 4億6500万円
    13年11月期 8億3400万円
    14年11月期 14億 500万円
    15年11月期 9億3500万円
    (資料:東京商工リサーチ「『役員報酬1億円以上開示企業』調査」)
     10年3月期から上場企業に1億円以上の高額報酬を得ている役員の開示が義務づけられた。故・樫尾俊雄カシオ計算機名誉会長が
    12年3月期に手にした13億3300万円がこれまで最高額だったが、田邊氏がトップに躍り出た。樫尾氏の場合は退職慰労金が主だったが、田邊氏は通常の役員報酬でこれだけの金額を得ている。
     ユーシンの14年11月期の決算の最終損益は4億円を超える赤字だった。赤字会社の社長が日本一の役員報酬を得ていることについて
    批判も多い。15年11月期には9億3500万円に減額したが、同期の最終損益はわずか2.2億円である。

     役員報酬の内訳は取締役8人に対して総額10億3700万円。田邊氏が実に9割を一人占めしたことになる。
    残り7人の取締役の平均報酬は1400万円。田邊氏はほかの取締役の64倍の役員報酬を得ている計算だ。
    7人の役員の処遇は一流企業のヒラ社員並みである。
    田邊一族による私物化に異議を申し立てた個人投資家

    2: 海江田三郎 ★ 2016/04/16(土) 10:41:58.60 ID:CAP_USER.net
     田邊氏の非常識な役員報酬に株主が憤った。定時株主総会は16年2月26日午前10時、東京・港区芝公園の芝パークホテルで開かれた。
     今回の総会では9つの議案があり、1号から5号までが会社側、6号から9号までが5名の株主による株主提案である。
    株主総会招集通知書によると、株主提案は次のような内容である。
    【第6号議案 取締役の報酬額改定の件】
    提案内容:取締役の報酬総額を年額5億円以内とする。
    提案理由:代表取締役の田邊耕二氏の昨年の報酬は年額14億円であり、事業の規模や業績に比べて著しく均衡を欠いている。
    また、2014年11月期においては、高すぎる役員報酬が原因で最終赤字となっている。そこで、取締役の報酬を適正化して
    黒字化もしくは利益の倍増を図るべきである。
    【第7号議案 取締役解任の件】
    提案内容:取締役の田邊世都子を解任する。
    提案理由:田邊世都子氏は代表取締役田邊耕二氏の娘であり田邊世都子氏を取締役としていることは、
    非常識な高額報酬と並び、田邊耕二氏による会社の私物化の象徴である。
    【第8号議案 定款変更の件】
    提案内容:報酬の返還を定款の条文に加える。
    提案理由:田邊耕二氏の報酬は8億3400万円から14億500万円へと「急増」している。当社は赤字になっており
    利益等の事情が考慮されていない。(前年を上回る)6億円を返還すべきである。
    【第9号議案 定款変更の件】
    提案内容:有価証券報告書は、定時株主総会の前日までに提出するよう定款に加える。
    提案理由:田邊耕二氏の非常識な報酬額14億500万円は有価証券報告書に記載されている。
    このような情報は株主総会において、株主に提示されるべきものである。
     定時株主総会では、会社側が提出した議案がすべて可決され株主提案は否決された。
    株主提案がどの程度の賛成票を得たかが気になるところである。昨年は総会の翌日に開示された決議状況に関する
    臨時報告書は3月7日になって提出された。提出が遅いのは、公表したくない数字が含まれているからではないかと批判する声も多かった。

     株主提案のうち7号議案(賛成5.92%)と8号議案(同4.51%)は、多くの賛同を得られなかった。
    しかし、役員報酬を改定する6号議案は15.37%、役員報酬を株主総会で提示すべきとした9号議案は14.34%の賛成があった。
    田邊氏の高額報酬に対する、株主の不信の大きさを数字が示した。
     会社が公にしたくなかったのは、これらではなく田邊氏の再任に対する賛成票の比率だったのかもしれない。
    賛成率は80.67%で、超ワンマン経営者にとっては侮辱的な数字だったといえる。
    後継者の選定基準は地頭が良いかどうか

     前出の日経産業新聞のインタビューの中で、次のようなやり取りがあった。
    「問 後継者の選定基準は何か」
    「田邊 地頭(じあたま)が良く、従業員をうまく使える人が社長に向いている。今まで2度社外公募をして
    約2000人の応募があったが、地頭が良いのは10人に1人くらいだった。中でもインド人の応募者が経営に向いていると思ったが、
    日本の企業文化との相性を考えて採用しなかった。私自身が40代で社長に就任したこともあり、年齢は関係ない。
    他社から社長を採るなら、自動車業界で働く40歳手前の人がいい」
    「問 どのように後継者を探すか」
    「田邊 4月からは第一線を退いて集団指導体制に入る。専務や常務の3人に経営を任せる(筆者注:3人のうちの1人は娘である)。
    集団経営にすると、自然と中心人物が生まれる。その人を社長にしたい。その他の選択肢も模索している。
    取引先の紹介を受けて、2月に三井住友銀行出身を採用した」
     田邊氏は娘を後継者にしようとしているとみる向きもある。会社は社会に開かれたものだから「会社」というのである。
    田邊氏には、どうも開かれた会社をつくる気はないらしい。
    (文=編集部)

    引用元: ・【株主総会】自分の報酬14億が原因で会社赤字のあの社長、ほぼ40年社長君臨に株主が決起の行動

    【【株主総会】自分の報酬14億が原因で会社赤字のあの社長、ほぼ40年社長君臨に株主が決起の行動】の続きを読む

    このページのトップヘ