2016年06月

    • カテゴリ:
    1: 名無しさん 2016/06/25(土) 19:56:29.91 ID:CAP_USER
    http://allabout.co.jp/gm/gc/464265/
    知人が50歳で失職しました。大手メーカーに勤務していた彼は、まさか定年まで10年も時間を残して
    仕事を失うことになるとは思ってもいなかったようですが、幾ばくかの退職金は入ったようで、それを元手に株式投資をしようと考えています。これ、とても危険です。


    先月、あるバイオベンチャーの株価が大暴落しました。この株価の足跡を追うと、5月18日の安値が3900円で、
    5月25日には7700円まで値上がりしました。もし1000株持っていたら、わずか5営業日で380万円の利益です。「いや~、株式投資って儲かるんだな~」って人もいるでしょう。
    でも、この会社の株価は、その後からが悲惨でした。7700円の最高値を付けたその日の午後の取引に入った途端、急に売り物が出て、
    5790円まで値下がりしました。そこから、それはもう恐ろしいほどの売り物が出て、連日のようにストップ安が続き、
    ようやく株価が寄り付いたのは、6営業日後の6月2日。その時の株価は、寄付時点で1100円でした。

    7700円という株価が付いたということは、誰かがその株価で買っています。7700円で買った後、1100円まで値下がりしたら、
    1000株の取引で損失額は660万円です。退職金なんて簡単に吹き飛んでしまいます。
    簡単に儲かるようにはならない
    株式投資は、買ってそのまま寝かせておけば儲かる、などと考えている人もいます。だから、退職金で株式投資をしようなどという発想が出てくると
    思うのですが、これは非常に甘い考え方と言わざるを得ないでしょう。
    私は仕事上、株式の個人トレーダーに取材をする機会があり、中には「億単位」の資産を築いた方もいらっしゃいます。
    でも、そういう方のほぼ全員は、過去において幾度となく株式投資で大損をしています。それでも諦めず、自分でさまざまな手法を研究してきたからこそ、
    今のポジションがあるわけです。
    もっと言えば、それだけの努力をしても、損をすることがあります。株式投資の世界に100%勝てる保証はどこにもありません。
    だから多くのトレーダーは、損を最小限に抑える一方、利益が得られそうな時は適宜チャレンジをして、多くの利益を稼ぎ出し、
    その差し引きで負けないようにするなど、緻密にリスクをコントロールをしながらトレードしています。
    問題は、それだけの技術を身に付けるのに、どれほどの時間を掛けてきたのか、ということですが、今まで私が会ったトレーダーは、10年選手が大半です。
    サブプライムショックやリーマンショック、欧州債務危機、東日本大震災など、マーケットを揺るがせるような出来事を幾度となく潜り抜け、
    それでも今、株式のトレーディングを続けていられるのは、運の良し悪しではなく、やはり株式のトレードで「億」を稼ぎたいという強い意志と、
    無心になって良いトレード手法を研究できる努力があったからです。

    退職金は余裕資金ではなく将来の生活費
    50歳で失業し、全く株式投資の経験がないのにも関わらず、退職時に得た退職金で「なんとなく」株式投資を始めてみようという人は、恐らく失敗します。
    しかも、若いうちの失敗ならともかく、50歳になってから資産運用で大失敗すると、取り返しのつかないことになる恐れがあります。
    そもそも、退職金は余裕資金でも何でもなく、将来の生活費ですから、それを元手に株式投資をするという考え方自体が間違っているのです。

    確かに、全くの投資未経験者が、50歳から老後の生活資金を築くために資産運用を始めるのは大事なことですが、
    前出のバイオベンチャー株のように、下手を打てば大きな損失が生じるような株式への直接投資は、避けた方が良いでしょう。
    FXや先物取引も然りです。資産運用は必要なことですが、あなたがもし50の手習いで資産運用を始めるのであれば、
    くれぐれも過大なリスクを取らないようにすることが肝心です。

    引用元: ・【マネー相談】50歳で失業・・・投資経験ゼロ、退職金元手に株式投資は無謀か?

    【50歳無職で投資経験なしの俺でも退職金元手に株で一発逆転できますか??】の続きを読む

    • カテゴリ:
    701: 名無しさん 2016/06/09(木) 14:44:46.14 ID:/YH1YjnF
    デイトレやってみようかと思っている初心者です。
    信用取引には、空売りをした結果株価上昇により追証が発生、莫大な借金を抱える・・・
    というようなリスクがあるみたいですが、
    これは空売りをせず、買う→売るの繰り返しだけであればそのような恐ろしいことは起こらないということでいいんでしょうか?
    怖いから現物取引だけでいこうかなと思ったのですが、
    手数料が安いからと口座を作ったライブスター証券はループ取引ができないらしく、
    別の証券会社で作り直すか、上記リスクがなければ信用取引で回そうかなと思っています。

    初歩的な質問だったらすみません。よろしくお願いいたします。

    引用元: ・株質問・すごく優しく答えるスレ217

    【信用取引して、空売りしてると莫大な借金を抱えるって本当ですか??】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 名無しさん 2016/06/24(金) 21:58:23.07 ID:CAP_USER
    http://www.j-cast.com/2016/06/24270656.html?p=all
    英国の国民投票は、事前の世論調査で、わずかの差で「残留」が優勢と伝えられていた。2016年6月23日、この情報を材料に、
    EU離脱による英国経済への悪影響を避けられるとの期待から、英ポンドが円やドルに対して大幅上昇。英ポンド円相場は、6月24日9時すぎに
    1ポンド160円33銭で推移していた。
    一方、英ポンドの上昇は円売り・ドル買いを誘い、ドル円相場は1ドル104円台半ばから105円台後半で推移した
    円が買われ、23日には106円前半の円安水準まで値下がり。開票がはじまった24日9時すぎでも、1ドル105円近辺で値動きしていた。

    市場関係者の多くは、「1ドル103円がひとつの節目」とみていたようだ。
    ところが、24日昼ごろに「離脱優勢」の観測が伝わると、「市場の景色は朝方と一変した」(東京金融取引所)。「節目」としていた1ドル103円前後を付けると、その後は開票情報が伝えられるたびに、円売りと円買いがめまぐるしく入れ替わる乱高下で
    、円ドル相場の値幅は4円弱にも達した。こうした情報をいち早く得ようとユーザーが殺到したらしく、ヤフーファイナンスなどのサイトは一時、アクセスが難しくなるほどだった。
    大勢が「離脱」に傾くと、円を買う動きがさらに加速して、円相場は11時30分すぎ100円を割り込み、2013年11月以来、2年7か月ぶりに1ドル99円台まで値上がりした。
    ポンド円相場も、一気にポンドが急落。14時30分すぎには1ポンド137円まで値下がりした。ポンドはドルに対しても、1985年以来31年ぶりの安値となる1ポンド1.33ドル台を付けた。
    ただ、こうした状況にも外国為替証拠金(FX)取引に投資する個人投資家は、ポンドに関する限り、「取引は比較的、落ち着いていました」と、取引所FX取引の「くりっく365」
    を取り扱う東京金融取引所はいう。「(くりっく365のポンド円取引は)個人投資家などがリスク管理の動きを強めていた結果、6月23日までにポンド買いのポジションが
    10万枚(1枚につき、1万通貨)も解消されています」と説明する。
    また、外為どっとコム総合研究所の神田卓也調査部長・上席研究員も、「ポンドの取引は、FX業者が事前に取引制限を設けたり、投票結果に伴う相場急変について注意喚起したり
    したことが奏功したこともあり、ポンドの暴落による個人投資家の混乱はある程度抑えることができました」と話す。
    東京金融取引所によると、「ポンドの下落予想から、『売り』ポジションから入る投資家はゼロではありませんが、限られています」といい、
    大きく儲けた個人投資家は少ないと推察する。「(投票結果を経て)さらに買い建て玉は減少に向かうと思います」と、しばらくは様子見を決め込む投資家が多いとみている。
    直前の予想を超える急激な円高で「損切り」続出
    しかし、英ポンドはあらかじめ対応がなされていたが、あおりを受けた円ドル相場は、もともと取引量も多く、事前の警告もなかったため、24日に「阿鼻叫喚」となったFX投資家が存在したようだ。
    英国の「EU離脱」の情報に、インターネットでは、
    「またまたロスカット続出! いくら損しても懲りないんだねぇwww」
    「FXの奴ら全員死亡だなwww」
    「世界経済、あーもうめちゃくちゃだよ」
    「EU崩壊だな・・・」
    といった声があふれた。

    前出の外為どっとコム総合研究所の神田氏は、「たしかに、1ドル100円割れした円ドル相場で多くのロスカット(損切り)がみられた」と指摘する。
    今回の国民投票では、事前に「残留優勢」が伝えられたところで、FX投資家の多くが急激な円高への懸念が後退したとみていた。
    その判断の決め手となったのが、「ブックメーカーだった」という。
    「ブックメーカーが『残留』の賭け率を変更して9割に引き上げたことで、23日夜のうちに、『残留』と決めてかかってしまったフシがあります」と、
    神田氏は話す。それがふたを開けてみたら、一変。残留優勢に傾きすぎたポジションが急激に調整され、6月24日になって1ドル103円を突破すると
    「ロスカットが生じた投資家が多くなりました」という。
    ところが「返す刀」で、今度は1ドル100円を割り込むと急激に切り返して、個人投資家は『押し目買い』に走った。24日18時のドル円相場は、
    103円前半まで値下がり。「この動きは個人投資家が主導したものと考えていいと思います」と話す。
    しばらくはFX投資家にとって眠れない夜が続きそうだ。

    引用元: ・【マネー】FX投資家阿鼻叫喚、英EU離脱による急激な円高でロスカットの嵐

    【【マネー】FX投資家阿鼻叫喚、英EU離脱による急激な円高でロスカットの嵐】の続きを読む

    このページのトップヘ