カテゴリ:経済ニュース

    1: 財テクしたい人 2017/07/23(日) 10:46:36.71 ID:CAP_USER9
     メルカリは7月22日、一部メディアの「上場申請」報道について、「当社が発表したものではありません」と否定しました。
    報道内容については「今後の事業拡大のため、様々な可能性を検討しております」としつつも
    、「現段階におきまして、決定している事実はありません」とコメントしています。

     メルカリをめぐっては、日本経済新聞が7月22日付で「メルカリ、東証に上場申請 時価総額1000億円超も」との記事を掲載。
    年内の上場を目指しており、申請が通れば時価総額は1000億円を超える可能性が高い、などと報道していました。

    no title

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/22/news030.html

    引用元: ・【経済】メルカリ「東証に上場申請」報道を否定 「現段階で決定している事実ない」

    【【経済】メルカリ「東証に上場申請」報道を否定 「現段階で決定している事実ない」】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/20(木) 17:41:05.30 ID:CAP_USER
    日銀は20日まで開いた金融政策決定会合で、物価上昇率が安定的に2%に達する時期について「19年度ごろ」とし、従来予想から1年先送りすることを決めた。先送りは、2013年4月に異次元緩和を始めて以来、6回目となる。物価が上昇に向かうシナリオは維持されているとし、追加的な金融緩和策は打たず、物価動向を見極める。

     物価目標の先送りは、同日まとめた3カ月に1度の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」に…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF20H05_Q7A720C1MM0000/

    引用元: ・【経済】日銀、物価2%目標19年度ごろに先送り 緩和策は維持

    【【経済】日銀、物価2%目標19年度ごろに先送り 緩和策は維持】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/20(木) 12:19:32.81 ID:CAP_USER
    7月2日に投票が行われた東京都議選は、国政選挙並みの注目を集めたが、小池百合子知事率いる都民ファーストの会が大勝し、自民党は歴史的な大敗を喫した。

    その後に発表された安倍政権に対する支持率の世論調査では、複数メディアの調査で、内閣支持率が軒並み低下して、不支持と逆転しており、安倍首相に関して多くの調査対象者が「信頼できない」と回答している。

    ここ数年、海外の多くの国で政権が不安定化する中で、わが国の政権は安定し、「安倍一強」とも言われる政治状況が続いて来たが、にわかに今後の政治の展開が気になる状況が現れた。

    都議選の結果を見て分かったことは、主に、以下の4つだ。

    (1) 国民は、「加計学園問題」などの安倍政権の失点に対して厳しい目を向けている。

    (2) 与党に対する批判票は適当な「受け皿」(今回は都民ファーストの会)があれば大きく動く。

    (3) 公明党と協力が得られない場合の自民党は選挙に強くない。

    (4) 民進党(改選前7議席→5議席に2減)は政権批判の受け皿として全く機能しておらず、党勢退潮が顕著である。
    中略

    さて、政治は資本市場のために行われるものではないが、投資家は、大いに政治の影響を受ける。

    マーケット側から政治を見ると、「安倍政権の安定」は、金融緩和の継続可能性を保証し、2018年の消費税率の引き上げの再延期に期待を持たせる点で、「強気材料」と解釈されていると見るべきだろう。

    マーケット側から見て最も困るのは、安倍首相が例えば年内に健康問題などを理由に政権を投げ出すことだ。第一次安倍政権時の記憶があるので、この可能性を完全には否定しにくい。

    この場合、来春に予定されている日銀の正副総裁人事が不透明化することになる。これまで、金融緩和派の政策委員が増えてきたが、総裁、副総裁が少しでもタカ派的な(金融引き締めに積極的な)人選になると、アベノミクス相場の終わりが強く意識されて、円高・株安に向かう可能性が小さくない。

    マーケットは、「起こるかもしれない、嫌な事態」に反応するので、今後、政権が苦境に陥り支持率を下げるたびに、安倍首相辞任の可能性が株価に対する重しとなる可能性がある。

    安倍政権が、来秋まで保つ場合には、日銀人事がマーケットの大きなリスク要因となる事態は避けられそうだが、来年の通常国会で憲法改正に踏み込もうとすると支持率を大きく落として、政権の苦境を招く可能性がある。

    この点に関しては、今回の都議選で選挙への影響力を示した公明党がストッパーとなることが期待されるが、安倍氏は憲法改正に強いこだわりを持っているので、止まらないかもしれない。

    そうした場合、自民党内の改憲消極派と対立軸ができる可能性もあり、次期総裁選の行方が混沌とする可能性がある。

    自民党内での勢力構造が変化する場合、マーケット側から見て一つ心配なのは、石破茂氏や小泉進次郞氏のような有力と目される政治家が、財政再建に重きを置く財務省的な考え方に影響されているように見える点だ。

    小池氏も含めて、安倍政権に距離を置く人々が、政治的立場に影響されて、金融緩和の縮小や増税を言い出す事態は今後相当に心配だ。

    マーケットの側から見ると、「安倍一強」が来秋まで継続して、消費税率引き上げの再延期を再び掲げて、年末に追い込まれる前に解散してくれるような展開となると、「マーケット的には」いいのだが、目下の政治情勢では、そこまで期待していいのかは不透明だ。
    以下ソース
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52314

    引用元: ・【経済】マーケットが最も警戒する「安倍一強」瓦解というリスク

    【【経済】マーケットが最も警戒する「安倍一強」瓦解というリスク】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/19(水) 13:46:01.83 ID:CAP_USER
    公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

    年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

     18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。
    http://www.asahi.com/articles/ASK7L5WC7K7LUTFK01C.html

    引用元: ・【政治】年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見

    【【政治】年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/15(土) 15:21:16.84 ID:CrkpKIlW0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
     経済同友会は14日、長野県軽井沢町で開いた夏季セミナーで、日本経済の持続的成長に向けた提言をまとめた。財政再建について
    「持続可能性のための最重要課題の一つだ」と指摘し、「短期的な支持率の変動を恐れずに2019年10月の消費税率10%への引き上げを
    求める」と強調し、計画通りの増税実施を安倍政権に求めた。

     提言は経済成長に向けて「岩盤規制を総点検し、既得権益の打破に正面から取り組むべきだ」と訴えた。働き方改革に関しては、
    政府に転職しやすい環境づくりなど雇用流動化への取り組みを一層進めるよう求めた。新卒一括採用の見直しや長時間労働の
    是正を推進する方針も盛り込んだ。

     自民党が検討を進める憲法改正は「国民が将来目指すべき国のかたちを改めて考える好機で前向きに評価する」とした。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H2I_U7A710C1EA4000/

    引用元: ・経済同友会「安倍首相、支持率なんか気にしないで消費税10%にしてください」©2ch.net

    【経済同友会「安倍首相、支持率なんか気にしないで消費税10%にしてください」】の続きを読む

    このページのトップヘ