カテゴリ:経済ニュース

    1: 財テクしたい人 2017/07/11(火) 21:13:31.58 ID:CAP_USER
    米銀ゴールドマン・サックス・グループで相関分析を担当するエコノミストらは、安全な投資先と考えられる通貨の中で、円が最も安全だと指摘した。

    ゴールドマンのケビン・デーリー氏を中心とするエコノミストらは10日のリポートで、過去10年を見る限り、グローバル・リスク資産の該当する動きに円が最もしっかり逆らったと分析した。

    2007年から11年、12年から16年という2つの期間(各5年)を対象に先進国および新興市場の28のグローバル変動通貨について、毎日および毎月の動きを比較したところ、グローバル株式と米原油価格、米国の10年国債利回りとの負の相関関係を最もしっかり示したのは、円だった。
    no title


    ゴールドマンのアナリストらは「円は『安全な逃避先』通貨の中で最も『安全な逃避先』であり、スイス・フランと米ドルが2番目を争っている」との見解を示し、最も一貫した「リスクオン通貨」として、メキシコ・ペソと南アフリカ・ランド、カナダ・ドル、オーストラリア・ドルを挙げた。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-11/OSWRBZ6JIJUQ01

    引用元: ・【為替】円、安全な通貨の中で最も安全-リスク資産とは乖離とゴールドマン

    【ゴールドマン・サックス「円、安全な通貨の中で最も安全」】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/11(火) 15:28:02.94 0
    己の年収と日々の消費には限界値がある。その限界値を超えるとどうなるのか。年収340万円にもかかわらず、
    新車で約400万円もするエルグランドを購入した岡田大樹さん(仮名・41歳)は大の車好き。コツコツ貯めた頭金
    200万円を入れ、36回ローンで念願の新車を手にいれたまではよかったが、そこから先、毎月4万円の返済に
    苦しめられることになる。

    「月の手取り20万円弱の中から、4万円を捻出するのは本当にキツかったですね。3年間旅行にも行かず、
    服を買った記憶もありません。自動車税なんかもちろん滞納してしまっていて、最後は妻の親に払ってもらうハメに。
    その間も喧嘩が絶えず、それでもエルグランドを手放さない僕に呆れたんでしょうかね。最後は離婚させられてしまいました」

     月4万円の返済に加え、維持費もかかれば家計には相当な負担。妻のストレスに気づかなかった岡田さんの
    結婚生活は4年で終止符を打つ。唯一の救いは子供がいなかったことだった。

    「その後、心身ともに疲れ果ててしまって会社も辞めました。そのとき、数年間アルバイト生活を送って、なんとか
    エルグランドの毎月のローンだけでは払っていたんです。でも、住民税や自動車税を滞納してしまって……督促状
    も無視してたら、エルグランドが差し押さえられました」

     背伸びしたマイカー購入の結果は、妻も含めたすべてを失うことになるようだ。週刊SPA!7月18日・25号では
    「年収別300万円vs500万円vs700万円男の限界値」という特集を組んでいる。限界値知れば、自ずと家計は防衛できる。
    〈取材・文/週刊SPA!編集部〉
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-01360901-sspa-soci

    エルグランドがレッカーで差し押さえられる瞬間を今でも思い出すという岡田さん。現在は自転車通勤で真面目に働いているという
    no title

    引用元: ・年収340万円なのに400万円の新車をローンで買った男の末路「結婚生活が破綻、会社も辞めました…」

    【年収340万円なのに400万円の新車をローンで買った男の末路「結婚生活が破綻、会社も辞めました…」】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/07(金) 19:17:23.01 ID:CAP_USER
    外国人富裕層ががっかりする「日本のホテル事情」
    今回はそのなかひとつとして、「ホテル」の問題を指摘させていただきます。

    日本経済は長年、成長をせずに来ました。これから人口減少が加速しますので、経済基盤が緩みます。観光戦略はその対策のひとつです。そう考えるとやはり、重視すべきは「観光客数」より「観光収入」だというのは明らかです。

    そこで、観光収入を決定する要因を探したところ、驚くべき事実を発見しました。さまざまな分析をする中で、世界の高級ホテルに関するデータを見つけて、大きな衝撃を受けたのです。

    Five Star Allianceという有名な「5つ星ホテル」の情報サイトがあります。そのデータによると、世界139カ国に3236軒の「5つ星ホテル」があります。では日本はどうかというと、日本国内でこのサイトに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。これは、ベトナムの26軒を少し上回る程度です。

    「ひとつの国にある超高級ホテルの数なんてそんなものじゃないの」と思うかもしれませんが、実は外国人観光客が年間2900万人訪れているタイには110軒の「5つ星ホテル」があります。バリ島だけでも42軒です。年間3200万人訪れているメキシコにも93軒の5つ星ホテルがあるのです。

    タイはすばらしい実績を上げています。2900万人の観光客しか来ておらず、物価水準も先進国の半分以下であるにもかかわらず、タイの観光収入をドル換算すると、世界第6位の観光収入を稼いでいる計算になります。

    タイが観光でこれほど稼げる理由のひとつに、110軒の5つ星ホテルの存在があります。タイの実績は「特殊な娯楽」を求める人に支えられているという批判をたまに聞きますが、それは事実無根のただの偏見にすぎません。

    年間2400万人の観光客が訪れ、G7の一角をなす「経済大国」であるはずの日本に、タイの4分の1、メキシコの3割しか「5つ星ホテル」が存在しない。これは明らかに、日本が国際観光ビジネスを重視してこなかった結果だと思います。

    実際、2年前にこんなことがありました。あるアメリカの大富豪の事務所から、紅葉の時期に京都に泊まりたいが、安いホテルしか見つからず、「予算の最低基準」を下回る。いいホテルを探してくれないか、という連絡があったのです。

    私も手を尽くしたのですが、結局アパホテルしか空いておらず、その大富豪の訪日自体が白紙になりました。

    もちろん、アパホテルが悪いと言いたいわけではありません。しかし世界のお金持ちには「予算の最低基準」があり、それを下回ると訪日すらあきらめる人が多いのです。これは究極の「もったいない」ではないでしょうか。

    今まで日本は観光産業に力を入れてきませんでしたので、ある意味、仕方ないともいえますが、今後「観光大国」になることを考えると、高級ホテルを整備して単価を上げることが必要なのです。

    そんなものがなくても、日本にはすばらしい文化や「おもてなし」の心があるので、観光客の満足度には影響がないと主張される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、残念ながらそれは精神論をふりかざしているだけにすぎず、「観光大国」を目指すうえでの合理的な解決策とはいえません。

    たとえば、日本には「一流」と言われる旅館が多くありますが、スタイルが非常に独特で、短期滞在に合わせた限定的なサービスなので、やり方を変えないかぎりグローバルスタンダードには合いません。

    いくら日本人に評価されても、グローバルスタンダードから見ると良くて「3つ星」くらいです。外国人に泊まって欲しいならば、必要最低限の調整が必要です。「郷に入るなら郷に従え」という意見もありますが、外国人は「なら、郷には入らない」と考えます。これでは、観光戦略は成功しません。
    以下ソース
    http://toyokeizai.net/articles/-/179175

    引用元: ・【観光】外国人が心底失望する「日本のホテル事情」

    【【観光】外国人が心底失望する「日本のホテル事情」】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/07(金) 19:21:26.25 ID:CAP_USER
    雪だるま方式で膨らみ続ける日本の国の借金とは対照的に、日本人は世界的にみても熱心に貯蓄に励む国民だ。総務省がまとめた家計調査(2016)によると、2人以上の世帯の貯蓄の平均値は1820万円に上る。前年から15万円ほど増加し、4連連続で前年比プラスとなった。一方、負債に関しては平均値が507万円で、その内訳はマイホーム取得のための住宅・土地のためのローンが大多数を占める。

    貯蓄から負債を差し引いた純貯蓄額の全国平均は1313万円となるが、都道府県間の平均所得の差や貯蓄に対する地域性の差によって大きな差が表れた。せっせと蓄えを増やしている人はどの都道府県に多いのだろうか。

    純貯蓄額がトップとなったのは、神奈川県で2485万円だった。同県は貯蓄も2998万円と全国で最も高く、負債を差し引いた純貯蓄額全体を押し上げた。神奈川県は賃金も全国的にも高く、厚生労働省の賃金構造基本統計によると、賃金水準は東京都に次いで2番目に高い水準となっており、高い賃金水準が貯蓄をけん引する要因の1つとも考えられる。しかし、同統計で賃金水準が最も高い東京都は、純資産額1565万円と神奈川県に1000万円近い差を付けられ、全国10位にとどまる。

    神奈川県に次いで純貯蓄額2位となったのは、2118万円の奈良県だった。同県の貯蓄は2475万円とトップの神奈川県に500万円以上の差を付けられたが、それでも純貯蓄額と同様に全国2位の水準で、さらに、負債が357万円と全国的にも低い水準にとどまることから、差し引きした純貯蓄額も高水準となった。3位には兵庫県が純貯蓄額2013万円で続き、トップ3は2000万円の大台を突破した。また、三大都市圏のうち、近畿圏は、京都府が純貯蓄額1622万円で9位に入るなど、トップ10のうち3つを占めた。

    トップ5のうち残る4位は純貯蓄額1913万円の千葉県、5位は同1821万円の栃木県と関東勢が存在感を示した。千葉県は東京都内への通勤圏内だが、住宅価格が東京都内、神奈川、埼玉両県より相対的に安いため、負債額が476万円と低い。一方、埼玉県は貯蓄額では2304万円と千葉県(2389万円)とそれほど差異はないものの、負債額が676万円と千葉県より200万円も多いことが響き、純貯蓄額ランキングでは8位と千葉県の後塵を拝した。

    このほかトップ10の顔ぶれは、6位に純貯蓄額1712万の愛知県がランク入りしたが、中京圏からは唯一のトップ10入り。7位は純貯蓄額1705万円の岡山県となった。

    最も純貯蓄額の低い県は、神奈川の8分の1
    一方、純貯蓄額が最も低かったのは沖縄県。その額は297万円とトップの神奈川県の8分の1の程度にとどまる。賃金が全国的にみても低い水準にあることに加え、持ち家所有率も低い。マイホーム取得に向けて貯蓄を積み上げるより、割安な物件を賃貸で利用する傾向もあり、貯蓄が増えない要因として働く。沖縄に次いだのは青森県で純貯蓄額は424万円。同県の貯蓄額は785万円にとどまり、沖縄と青森の両県のみが貯蓄額が1000万円を下回った。

    47位 沖縄 297
    46位 青森 424
    45位 大分 530
    44位 宮崎 585
    43位 北海道 639
    42位 秋田 743
    41位 熊本 790
    40位 長崎 794
    39位 福島 860
    38位 福岡 1016
    37位 群馬 1032
    36位 山形 1035
    35位 宮城 1039
    34位 岩手 1043
    33位 茨城 1088
    32位 山梨 1091
    31位 富山 1098
    30位 佐賀 1103
    29位 徳島 1105
    28位 福井 1122
    27位 鹿児島 1127
    26位 愛媛 1177
    25位 長野 1178
    24位 新潟 1183
    24位 島根 1183
    22位 三重 1193
    21位 山口 1205
    20位 大阪 1248
    19位 鳥取 1263
    18位 和歌山 1272
    17位 岐阜 1277
    16位 滋賀 1313
    15位 石川 1356
    14位 静岡 1370
    13位 高知 1404
    12位 香川 1453
    11位 広島 1494
    10位 東京 1565
    9位 京都 1622
    8位 埼玉 1628
    7位 岡山 1705
    6位 愛知 1712
    5位 栃木 1821
    4位 千葉 1913
    3位 兵庫 2013
    2位 奈良 2118
    1位 神奈川 2485
    https://zuuonline.com/archives/160840

    引用元: ・【経済】47都道府県「純貯蓄額ランキング」 1位神奈川は沖縄の8倍!

    【【経済】47都道府県「純貯蓄額ランキング」 1位神奈川は沖縄の8倍!】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/07/07(金) 15:26:28.35 ID:CAP_USER
    総務省が6月30日に公表した5月の消費者物価指数(CPI)をみて、日銀で政策立案に携わる部署のムードは一気に暗くなった。景気の足取りは想定通りに上向いているのに、肝心の物価は想定に反し、低空飛行を脱する兆しが全く見えなかったからだ。

     日銀が物価の基調を見るために重視する「生鮮食品とエネルギーを除く総合」の上昇率は前年同月比0.0%だった。目標とする2%どころか、ゼロインフレすら脱せていない。

     そ…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H0V_V00C17A7ENK000/

    引用元: ・【経済】衝撃のマイナス物価 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【悲報】5月から消費者物価指数上昇しない】の続きを読む

    このページのトップヘ