カテゴリ:仮想通貨

    1: 財テクしたい人 2017/08/17(木) 20:52:53.90 ID:CAP_USER9
    分裂騒動を経て世界的に知名度が高まったことに加え、北朝鮮情勢の緊迫化で、地政学リスクに左右されにくい「無国籍通貨」であるBTCに資金が流れ込んだことも一因だ。ただ、市場では「安全資産」との見方は定まっておらず、先行きには不透明感もある。

    ◆最高値更新

    仮想通貨取引所「ビットバンク」によると、BTCの相場は15日午後に一時、初めて1BTC=50万円台を付けた。17日は46~49万円台で取引されている。今年1月時点では、10万円前後で取引されていた。8か月で約5倍になった計算だ。

    国内でBTCの人気が高まっているのは、4月の改正資金決済法の施行で、取引業者を登録制にするなど利用者保護が強化されたことが大きい。同法でプリペイドカードや商品券と同じ「決済手段」と位置付けられ、7月からは購入時に消費税がかからなくなった。


    *****
    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20170817-OYT1T50105.html

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコインの高騰止まらず、8か月で約5倍に

    【【仮想通貨】ビットコインの高騰止まらず、8か月で約5倍に】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/08/10(木) 19:15:56.89 ID:CAP_USER
    ■ 「分裂」してもビットコインを普及させたい仮想通貨支持者の悲願を阻むもの

    ビットコインの独立記念日だ――。
    7月末、仮想通貨ビットコインを制御していたシステムの「分裂」によって、新たな仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した。
    ビットコインの普及を切望する人々は、BCHの最初の取引が行われた8月1日を高らかに祝い、仮想通貨の未来に期待を寄せた。

    だが、彼らが願うほど仮想通貨が広く一般社会に浸透するかは微妙なところだ。
    それは結局のところ、リアルなカネと同じように、ビットコインにも政治が強く影響を及ぼすから、ということになりそうだ。
    ビットコインの熱心な支持者らは、仮想通貨は単に金持ちになる道具ではなく「人々を自由にする」ものだと確信している。
    ビットコインによる取引を可能にする技術ブロックチェーンのトークン(代用貨幣)を使えば、銀行や政府に自分の身元や残高を知られずに取引ができるため、経済的な自主性を手にできるというのだ。

    だが、多くの専門家は仮想通貨がカネの概念を根本的に変えるという考えは甘いと言う。
    ビットコイン財団の共同創設者で、仮想通貨に関連する法律の専門家でもあるパトリック・マークもその1人。
    「ブロックチェーンは拡張性があまりない」と、マークは指摘する。

    ビットコインは汎用性が低いということだが、少なくとも近い将来に仮想通貨で全ての取引を扱うのは無理だろうと指摘する。
    何より、ビットコインが国際通貨の地位を手にするほどに拡大しても、通貨政策を決めるのは結局、各国政府だ。
    異なる仮想通貨による覇権争いも予想される。
    実際、中国やロシアは既に独自の仮想通貨の開発を行っており、アメリカとの競争が考えられる。
    拡張性といった技術的な問題に関係なく、ビットコインの未来は政治で決まるのだ。

    <資産管理としては機能?>
    仮想通貨モネロの共同開発者、リカルド・スパグニも同じ考えだ。
    彼は、理論的にはテクノロジーがカネを政治から解放できたとしても、それが現実にはならないと指摘。
    仮想通貨が普及しても、ニッチな存在であり続けるだろうと予想している。

    ビットコイン財団のマークもこれに近い考えを持つ。
    彼は仮想通貨を新種のカネではなく、資産革命を起こすツールと考えている。
    「ビットコインとブロックチェーンのトークンは、これまで存在していなかった独特な形の資産をつくり出すもの」と言う。
    「極めて珍しい、少量のデータという資産だ」

    実際、ブロックチェーンは現在、デジタル化された楽曲などの資産をネット上で所有する人々に、それらを管理する手段として機能している。
    仮想通貨の未来は、モバイルショッピングというよりは、資産管理など新しいビジネス基準の確立のほうにあるのかもしれない。

    一方で、従来の株式証券と仮想通貨の取引の溝を埋める動きも進んでいる。
    「米証券取引委員会は、仮想通貨の取引という専門分野を確立させたい考えだ」とマークは言う。
    つまり仮想通貨が証券と見なされることになり、仮想通貨を使い資金調達をする企業が増えるだろう。

    専門的な分野では活躍しそうなビットコインだが、各国の通貨に取って代わることは難しい。
    人間同士の協調は、アルゴリズムほど簡単ではないからだ。
    「カネは国家が創造したもので社会的現象にすぎない」と、マークは言う。
    「カネと国家を分裂させることはできない」

    ニューズウィーク日本版 2017/8/10(木) 11:37
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00010001-newsweek-bus_all

    引用元: ・【金融コラム】仮想通貨ビットコイン 分裂しても国家の裏付けなき通貨は「カネ」になれない

    【【金融コラム】仮想通貨ビットコイン 分裂しても国家の裏付けなき通貨は「カネ」になれない】の続きを読む

    31b505b8


    129: 名無しさん 2017/08/12(土) 06:32:34.75 ID:kzoMaWOF
    40万きたな

    引用元:

    【ビットコインさんついに40万円を超える】の続きを読む

    1: 財テクしたい人 2017/08/03(木) 04:08:15.71 ID:CAP_USER9
    ネット上でやり取りでき、次世代のお金とも言われる仮想通貨。初の関連法が4月に施行され、国内でも使える場所が増えるなど注目を集めている。その一方で、後を絶たないのが投資に関するトラブルだ。「必ず値上がりする」と購入を持ちかけられる事例が大半という。

     「仮想通貨は何十倍、何百倍がある世界なんです!」

     東京都内で今年1月に開かれた、売り出し前の仮想通貨を紹介するセミナー。参加者約100人が集まった会場は熱気に包まれていた。

     米国の名門大学研究員らが開発、破綻(はたん)のリスクを限りなく排除――。講師は新通貨をアピールしながら、たたみかけるように言った。「まだ世の中に出ていないこの通貨を、公開前に買いませんか」

     仮想通貨に関するセミナーが続々と開かれている。だが「必ず値上がりする」「高い配当がつく」などとセミナーで聞いて購入し、トラブルに遭ったという事例が多発している。

     「市場にオープンになれば3倍の価値になる」。関東地方に住む30代の男性会社員は昨秋、ネットで見つけた投資の勉強会で「未公開」の仮想通貨を紹介され、100万円分を購入。だが「市場公開日」になっても販売元から何の連絡もない。返金を求めたが、応じてくれなかった。

     男性会社員のケースは、消費生…

    残り:1434文字/全文:1955文字
    http://www.asahi.com/articles/ASK7W3TWLK7WUOOB002.html
    主な仮想通貨
    no title

    引用元: ・【社会】仮想通貨、投資トラブル多発 セミナー「必ず値上がり」……ビットコインの時価総額4兆7050億円

    【【社会】仮想通貨、投資トラブル多発 セミナー「必ず値上がり」……ビットコインの時価総額4兆7050億円】の続きを読む

    56f7785a

    ※20日前までは10円ほどだったNEMが現在30円ほどに上がっています。
    買ってガチホするなら今ではないでしょうか。

    531: 財テクしたい人 2017/08/07(月) 11:57:48.48 ID:xeKQZroM.net
    やばいな

    暴騰中

    引用元: ・【暗号通貨】NEM part8【XEM】

    【【爆騰速報】10円だったNEMが30円に高騰中】の続きを読む

    このページのトップヘ